葬送のフリーレン1巻のネタバレ感想とあらすじ!圧倒的な存在感を放つ令和の王道ファンタジーの大本命か!?

週刊少年サンデーが放つ新時代の本格ファンタジー!
連載を開始してすぐに大反響を呼んだ話題作の1巻がついに発売されました。

読み始めてすぐに引き込まれる世界観と美麗な絵。

優しい気持ちに包み込まれる「別れ」と「出会い」の旅に
あなたも一緒に出てみませんか?

『葬送のフリーレン』1巻には第1話から第7話が収録されています。

著:山田鐘人, 著:アベツカサ
¥462 (2021/06/26 23:09時点 | Amazon調べ)

\ 全巻のあらすじと感想一覧はこちら /

スポンサーリンク
目次

葬送のフリーレン1話「冒険の終わり」

物語はいきなり、勇者一行が魔王を討伐し、王都に凱旋するシーンから始まります。

民に祝福され、王様に労われた勇者一行は半世紀(エーラ)流星という50年に一度の
流星群が夜空に降り注ぐなか、平和な時代の幕開けを感じつつ50年後にまたみんなでこの流星群を見ようと約束し解散します。

この物語の主人公はそんな勇者一行の中の魔法使い、エルフのフリーレン。
フリーレンは仲間と別れた後、魔法の収集の旅に出ます。

色々な場所を巡り50年の時が経ち、ついにフリーレンは王都に戻ります。
かつての仲間と再会し、流星群をまたみんなで見る約束を果たすために。

そして仲間との再会を経たフリーレンは新たな旅に出ます。
また魔法採取の旅かと聞かれたフリーレンはそうだと答えつつも
今度はそれに加え、人間をもっと知ろうと思うと答え、再び王都を後にします。

スポンサーリンク

葬送のフリーレン2話「僧侶の嘘」

フリーレンが新しい旅に出て20年の時が経ちました。

聖都での買い出しのついでにフリーレンはかつて一緒に魔王を討伐した勇者一行
の仲間、僧侶のハイターを尋ねます。

すっかり老いて衰えたハイターにフリーレンが借りを返したいと言うと、フェルンという
戦災孤児を弟子にして、一緒に旅に連れて行って欲しいと頼まれます。

しかしフリーレンは断ります。
それは見習い魔法使いは実戦での死亡率が極めて高く、大事な仲間から預かった子を
死地に送り込む事はしたくないという気持ちからでした。

ならば別の頼みをと、ある魔導書の解読とその間だけフェルンに魔法を教えてやって欲しいと頼まれ、それならばとフリーレンは引き受けます。
そして語られるフェルンとハイターの出会いとお互いを思いやる優しさ。

葬送のフリーレン3話「蒼月草」

新たな旅の仲間にフェルンを加え、フリーレン達は地味な仕事をこなしながら旅を続けていました。

そこで出会った薬草家からある銅像の錆を魔法の力で落として欲しいと頼まれます。

快く依頼を引き受けたフリーレンが現場に行くとそこにあったのはかつて一緒に戦った仲間の勇者ヒンメルの銅像でした。

フリーレンがいとも簡単に錆を落とすと、せっかくだから花を植えようという事になります。
最初は適当な花畑をフリーレンの魔法で出そうとしますが、どうせならヒンメルの故郷の花である蒼月草にしようと提案し、フリーレンとフェルンは蒼月草を探し始めます。

葬送のフリーレン4話「魔法使いの隠し事」

交易都市にやって来たフリーレンとフェルン。
手分けして買い物をする事になったがフェルンはフリーレンが何か隠し事をしていると疑い尾行をします。

裕福な旅では無いにも関わらずアクセサリーを買ったりスイーツの店を探すフリーレンの姿を目撃し、フェルンはショックを受けるのだがフリーレンにはある目的があったのでした。

葬送のフリーレン5話「人を殺す魔法」

とある村を目的地に進みながら道中でフェルンに防御魔法の稽古をつけるフリーレン。

その村でかつて自分たち勇者一行が封印した魔族のクヴァールの封印がそろそろ解けるので討伐するのが目的で、現場を訪れるとやはり封印がかなり不安定な状態になっており、フリーレンは明日にも強制的に封印を解いてクヴァールを討伐する事にします。

しかしクヴァールはそもそも強すぎたから当時討伐出来ず、封印するしか手段がなかった相手。フリーレンたちは今度こそ討伐出来るのでしょうか。
第6話 新年祭
フリーレン達は色々なものが漂着し、人手不足で清掃が追いつかない海岸の清掃の依頼を受けます。
その報酬は大魔法使いフランメの魔導書。

しかしフェルンはその魔導書が偽物だと気付きフリーレンにその事を伝えますが
フリーレンも偽物だと承知の上で依頼を受けていたのでした。
どうやらフリーレンが依頼を受けたのには冬を越えた先にある新年祭が関わっているのでした。

葬送のフリーレン7話「魂の眠る地」

かつての勇者一行の仲間、戦士のアイゼンを訪ねたフリーレンとフェルン。

何か手伝って欲しい事はあるかとフリーレンに聞かれたアイゼンは、大魔法使いフランメの手記を探すのを手伝って欲しいと頼みます。

アイゼンがフランメの手記を探す理由は
どうやら勇者ヒンメルとフリーレンに関係があるようで——

葬送のフリーレン1巻まとめ

王道のファンタジー作品かと思いきや、いきなり勇者一行が魔王を討伐した直後から物語が始まるという驚きで幕を開けた葬送のフリーレン第1巻。

さらに少年漫画の定番の、魔法を撃ちまくって爽快に勝つ!みたいな作風ではなく、どこか常に寂しい雰囲気が漂う作品です。

ただ、その寂しさはすごく心地よいもので、この気持ちは何なのだろうかと考えたときに、自分がゲームを頑張って完全クリアした後に主人公を操作している気持ちと似ているなと思いました。

まだこのゲームで遊んでいたい気持ちと、クリアしたのだから先のストーリーはもう無いんだという寂しさは誰もが感じたことのある気持ちではないでしょうか。

ですがこの葬送のフリーレンはここから物語が始まります。
これからフリーレンたちがどんな旅をし、どんな人々に出会い触れ合うのか。
私も旅の仲間に入れてもらっている気分で楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
目次
閉じる