鬼滅の刃遊郭編の次は何巻から?アニメ刀鍛冶の里編は3期?

鬼滅の刃遊郭編は9〜11巻の内容を元にしたアニメです。
その次にアニメ化されるハズなのは、遊郭編の次の「編」である「刀鍛冶の里編(仮)」となります。

ここではその刀鍛冶の里編とはどんなストーリーになるのか、登場人物は誰なのか、アニメ化は3期となるのか。
という事を紹介と考察していきます。

こんなあなたにおすすめする記事です
  • アニメの遊郭編の次はどうなるのか気になる
  • 刀鍛冶の里編で活躍する人物が誰なかのか知りたい
  • ネタバレは多少ならOK!
とうこ

ネタバレありなので、アニメ勢で知りたくない人は注意です!

遊郭編の登場人物とあらすじが気になるなら
→ 【ネタバレ】鬼滅の刃ー遊郭編の登場人物のまとめ!あらすじも

スポンサーリンク
目次

遊郭編の次の話は刀鍛冶の里編(仮)!

遊郭編の次は刀鍛冶の里での話になります。

刀鍛冶の里編は漫画12巻から15巻までのお話です。

ここではそのあらすじと主な登場人物を紹介していきます。
ネタバレと言ったらネタバレになっちゃうと思うのでご注意ください!

刀鍛冶の里編(仮)のあらすじ

上弦の陸を倒した炭治郎達は激しい戦闘で身体も大ダメージを受けます。
炭治郎の日輪刀は刃こぼれをおこしており、その刀を取りに隠里である刀鍛冶の里に向かう事に。

里につくと炭治郎の担当の刀鍛冶である鋼鐵塚は行方不明になっていた。
里の村長達が探してくれている間炭治郎は身体を休めるように言われるが、そこで出会った小鉄少年の先祖が作った戦闘訓練用の絡繰人形を使って戦闘訓練をする事になる。

そんな中刀鍛冶の里に上弦の鬼が襲撃をしてきて、迎え撃つのは里に居た霞柱と不死川(弟)炭治郎と禰豆子。
そこに恋柱も加わり5人対上弦の鬼×2の戦いが始まる。

刀鍛冶の里編(仮)で活躍する主な登場人物

竈門炭治郎(かまどたんじろう)

刀鍛冶の里に遊郭編で刃こぼれをした自分の日輪刀を取りに里に向かう。
そこで偶然にも訓練用絡繰人形との訓練が出来、動作予知能力を獲得する事に。
その後上弦の肆である半天狗に遭遇し戦う事になる。

この時刀が禰豆子の血で赤く燃え爆血刀、赫刀となる。

赫刀とは様々な条件により日輪刀の刀身が赤く変化したもの。赫刀での攻撃では鬼に対して痛みを与え傷の回復を遅らせ致命傷を与える事ができるようになる。

竈門禰豆子(かまどねずこ)

炭治郎と一緒に行った刀鍛冶の里で同じく上弦の肆と戦う。
兄や鬼殺隊の仲間を助ける為に戦うが、上弦の肆を逃さないように朝日から自分を守る炭治郎を敵の元に蹴り出し、朝日に焼かれてしまう。

霞柱:時透無一郎(ときとうむいちろう)

刀鍛冶の里には訓練の為訪れる。
炭治郎と一緒の所を上弦の肆に襲撃され共闘するが、上弦の肆の攻撃により飛ばされてしまう。

飛ばされた先に居た上弦の伍との戦いの最中、失った記憶を戻し痣が発現する。

恋柱:甘露寺蜜璃(かんろじみつり)

刀鍛冶の里には刀研ぎの為訪れる。
甘露寺が去った後に里が襲われるが担当地区が近い事から襲撃の報を得て参戦する。

甘露寺も上弦の肆との戦いの最中に痣が発言する。

痣の発現とは
戦国の時代に無残を追い詰めた始まりの呼吸の剣士達が皆痣を発現していた事から、柱達が発現を促された。
発現したものは身体能力の向上や回復の速度が上がる。

不死川玄弥(しなずがわげんや)

風柱不死川の弟で、炭治郎と協力して上弦の肆と戦う事になる。

鋼鐵塚蛍(はがねづかほたる)

炭治郎の日輪刀担当の刀鍛冶。
行方不明になっていたものの絡繰人形から出てきた刀を研いでいる最中に上弦の伍に襲われる。

小鉄

訓練専用の絡繰人形を作った一族の末裔。
炭治郎に人形を使って訓練をさせる。素人なので手加減がなく、そのおかげで炭治郎は動作予知を得る事ができた。
里を襲撃してきた上弦の伍の術で作ったモノに襲われている所を時透に助けられる。

刀鍛冶の里編(仮)の鬼

上弦の陸が敗れた事で無残からプレッシャーをかけられた上弦達。
その中で上弦の伍玉壺は鬼殺隊の刀鍛冶の里を壊滅しようと企む。

上弦の肆(し) 半天狗

無残に言われて上弦の伍と共に刀鍛冶の里を襲撃する。

上弦の伍(ご)玉壺(ぎょっこ)

鬼殺隊の刀鍛冶の里を襲撃して鬼狩り達の弱体化を狙う。

スポンサーリンク

アニメ編成予想

遊郭編がTVアニメとして放映される事が発表されましたが、ではその次にあたる今回紹介している「刀鍛冶の里編」はいつ放送されるのでしょうか。

これだけ人気のある鬼滅の刃ですので遊郭編の次からは放送されない。
という事は無いハズです。
原作漫画も完結していることから完結まで映像化されると思います!

では「刀鍛冶の里」はいつ放送されるのか、どこに組み込まれるのかを推測していこうと思います。

考えられるアニメ編成

遊郭編は単行本で約3冊の内容です。
鬼滅の刃アニメ1期は7巻の途中までの内容で、2クール分かけて放送されました。

という事から遊郭編は1クール分ほどのボリュームしかないと考えられます。

そこから以下のようになるのでは無いかと推測します。

  1. 竈門炭治郎立志編(アニメ1期24話)
  2. 無限列車編(劇場版)
  3. 遊郭編(アニメ2期確定 1クール(推測))
  4. 刀鍛冶の里編(推測 アニメ2期後半1クールもしくは3期 予想時期→2022年1月〜)
  5. 柱稽古編(推測 アニメ4期 放送時期→2023年)
  6. 無限城編(推測 劇場版かアニメ5期 2024年)

ということは2024年まで楽しめるってことですね!(推測ですが・・)
毎年なんらかの映像化があればファンも待ってられるし、アニメ業界も盛り上がるとおもうし。
どうでしょうか。駄目?

まとめ

今回はアニメ化が決定した「鬼滅の刃遊郭編」の次にあたる「刀鍛冶の里編」を紹介していきました。

  • 刀鍛冶の里編は単行本の12巻〜15巻127話まで
  • 刀鍛冶の隠し里を上弦の鬼が襲撃するお話
  • 上弦の鬼は伍と肆の二人
  • 参戦する柱は恋柱と霞柱
  • アニメ化は2期の後半か3期と予想

という感じです。

遊郭編の後は炭治郎もだんだん柱に近づき成長していきますし、禰豆子にも劇的な変化が起こります。
ますます引き込まれていくのでアニメ化楽しみに待ってます。

関連の記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる