蜘蛛ですが、なにか?24話ネタバレ感想!アラクネ進化で初戦闘VSポティマス+魔王!?

予告編で次回最終回なんてDのお言葉があったとおり、アニメ「蜘蛛ですが、なにか?」は24話で終了となりました。

とうこ

えー、こんな所で終了するの??
ってことは2期あるの!?

と思わなくもないですが、どうかなぁ。
今回最終話にして遅延するという事態にもなったり、転生組のパートは海外外注見たいで評判があまりよろしくなかったのけど、たしかに平面的すぎたり迫力なかったりしたけど、でも。でもわたしは面白かった。

混乱もしたけど。

という事で今回は「蜘蛛ですが、なにか?」アニメ24話の見どころやネタバレ感想をお送りします!

スポンサーリンク
目次

前回までの概要

シュンとユーゴーの戦いが描かれていました。
シュンの実力は本当に高くて、ユーゴーでは歯が立ちません。
遂に敗れたユーゴーですが、そこでソフィアが動き出します。

彼女曰くユーゴーは使い捨ての駒にすぎず、ソフィアはシュンをまるで赤子の様に倒してしまいます。

更にソフィアの強さはシュンの仲間たち全員を相手取っても通用しないほどのものでした。
そして場合場面は新たなる局面へ、ソフィアの援軍がたくさん現れます。

またエルフ軍も本腰を入れて秘密兵器を投入、大変戦場は混戦としてきます。
遂に戦いは最終局面へ移行します。

スポンサーリンク

蜘蛛ですが、なにか?24話「まだ蜘蛛ですが、なにか?」のあらすじ

公式サイトより引用

蜘蛛子さんは魔王アリエルの深淵魔法によって生命を絶たれそうになっていました。
そんなときでも生きていられた蜘蛛子さん、孵化の力によって再び復活できたわけでした。

そしてアラクネへと進化した蜘蛛子さん、上半身は生前の私と同じものになっていて、人と蜘蛛が合体したような見た目となっています。

早速邪眼のスキルで赤ちゃんソフィアの様子をみると、エルフの襲撃を受けていたので助けに行くことに。

メラゾフィスが身を挺してソフィアを守ろうとするも、ポティマスが登場し成す術がなくなります。
その時蜘蛛子さんが登場しポティマスと戦うことになりました。

マザーをも倒した蜘蛛子さんの力はポティマスを容易く倒せそうな気がしますが、戦いの行方は如何に。

蜘蛛ですが、なにか?24話「まだ蜘蛛ですが、なにか?」の見どころ

やはり最終回と言う事でかなり話の内容が核心的なものとなっていました。

何よりシュン達の時間軸でアリエルと一緒に行動していたあの白い女性の正体が明らかになるのが必見ですね。

これまでもこの白い女性は蜘蛛子さんが以前使っていた腐食のスキルでユリウスたちを殲滅したり、蜘蛛である痕跡を見せたりと手がかりを見せていました。

今回蜘蛛子さんがアラクネに進化したのですが、その姿が大変既視感があったため、蜘蛛子さんとこの女性の相関関係は如何にと言う点に注目していきたいです。

またポティマスが何故シュン達の時代まで姿を変えずに生存しているのか、この点についても考えていきたいと思いますね。

本当にポティマスは謎深い人物、その全貌の片鱗が明らかになるというのは最終回ならではの注目点だと思います。

とにかく見どころしかない最終回でした。

蜘蛛ですが、なにか?24話「まだ蜘蛛ですが、なにか?」のネタバレ感想

原作未読の僕の感想

蜘蛛子さんの進化形態アラクネを拝めたわけなのですが、なんだかすごく美しかったです。
そんな見た目をしているにもかかわらず仕草や喋り方が全く変わっていないので、シュールな光景になっていました。

邪眼発動の時の動きは本当にありえない雰囲気が漂っていましたね。

またポティマスなのですがまさか蜘蛛子さんに匹敵するくらい強いなんて驚きです。

魔法無効やサイボーグの身体と言った部分はなにやら生物として侵してはならない禁忌を犯している気がします。
ここまで来ると彼が悪役なのではないかと思ってしまいますね。

その後のアリエルの事もありますし、やっぱりポティマスは悪い奴なのかもしれません。
しかしあそこ迄アリエルが豹変するのはなんだかおもしろいですね。

体担当は結果的に一番の働き者だったと言えます。

二期が大変楽しみなところです。

とうこ

原作漫画を読んでいる&WEB版を完読しているとうこの感想

茜くんも言っているように、アラクネ進化後の蜘蛛子とってもお美しい感じでした。

けど、24話ではやはり全然謎解きまで行ってませんでしたね。
これは2期の制作が決まっているのかも。
とりあえず「約束のネバーランド」の2期のようにならなくて良かった。とホッとしてますが、まだまだこれからの「蜘蛛ですが、なにか?」です。

今後、アラクネから何に進化するのか。
魔王の手伝いとは?
アラクネ=蜘蛛子=白というのは24話で判明しているので、魔王の手伝いとはこの事だろうとは予想できたと思いますけど。
じゃあ世界の害悪であると言われたエルフは?先生は悪なのか?
とか、色々と謎ばかりだと思います。

WEB版では色々と書かれてますが、原作小説では違う展開になってるそうなので、2期が始まるまでに(期待!)原作小説を読んでおこうと思います!

まとめ

今回は蜘蛛ですが何か一期の最終回と言う事で、大きく話が動き出した回でした。
勢力図の真相が明らかになる中で、遂に物語の方向性が定まってきたと言えます。

蜘蛛子さんもアラクネに進化をして、あのステータス最底辺で、醜い見た目の蜘蛛から遂に脱却したと言えました。
新たな仲間も加わって、ひとまずは地獄の大冒険編に区切りがついたと言えますね。

転生組の話ですが、ソフィアについての謎が明らかになったくらいで特に進展はありませんでした。

あの白い女性がソフィアの前に登場し話が全てつながります。

二期を期待!

スポンサーリンク
目次
閉じる