舞台「呪術廻戦」7月8月ライブ配信情報はこちら→

【ワンピース】ボニーは世界政府にとって用済み?ルッチ言葉の真相とは【ONE PIECE]

  • URLをコピーしました!

漫画1067話でルッチが”ボニーはもう政府にとって用済みだ”と言っていました。

こんなあなたにおすすめする記事です
  • ボニーは政府にとって用済みなの?
  • ボニーを必要としていた目的とは
  • 皆の感想が知りたい

ONE PIECEのアニメを見るなら一か月無料でお試しできるがおすすめ!

無料トライアルなら

  • ONE PIECE以外のアニメも無料でみれる!
  • 一か月間無料でアニメはもちろんドラマ映画が見放題!
  • 一か月以内に解約すれば0円!

\ 無料お試し期間31日! /

本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
目次

ボニーは世界政府にとって用済み?

元海軍大将の赤犬が焦るほど重要な役目だったボニーでしたが、1067話で政府にとって用済みになった事がわかりましたね。

これには一体どんな意味が隠されているのでしょうか?

個人的には悪魔の実の能力くまの人質、のどちらかもしくはどちらもだと推測しています。

スポンサーリンク

説その①悪魔の実で五老星が永遠に生きている説

悪魔の実の名前は出ていませんが、自身や他人の年齢を操作できる能力です。

なので政府の人間(五老星やイム様)を若返らせている可能性があります

今まで出てきた五老星は高齢の姿でしたが、もしかしたら900年間の間ボニーが持っている悪魔の実の能力者を捕まえて存命していたのかもしれません。

ですが今回は脱出が多く政府も手を焼いているのかもしれませんね。

そうなると「空白の100年」の歴史も自身の目で見たと考えられるし900年の間生きていた可能性も出てきます。

ですが、ボニーも簡単に能力を使うとは考えられません。

なのでボニーの能力を疑似的に”人造悪魔の実”を研究して完成させている可能性があります。それだからもうボニーは用済みなのかもしれません。

それかくまを人質に能力を使わせたのかもしれません。くまをこれ以上改造して欲しくないなら能力を使って若返らせるという条件で能力を使った可能性も考えられます。

そしてくまをあそこまでしているなら政府はかなりのクズだと思いますね(笑)

説その②くまの人質としてたら獲られていた説

くまは現在革命軍の基地(カマバッカ王国)にいますがそれまでは海軍の兵器、そして天竜人の奴隷として扱われてきました。

そもそもくまが改造された理由としてボニーを人質に取られていたのかもしれません。

ボニーの命と引き換えにくまを改造させられたのかもしれませんね。

ですがボニーは何度も脱走をして、赤犬も焦るほど大切な人質だったのかもしれませんね。

個人的には人質を回収する時に赤犬の「ひやりとした」という発言が引っかかっているので一番濃厚な説としてはくまの人質兼イム様達を若返らせるための研究の材料としてボニーを捕まえていたんだと推測します。

Twitterの反応

皆さんのTwitterの反応をまとめました。

まとめ

今回は”ボニーは世界政府にとって用済みなの?ルッチ言葉の真相とは!”について考察していきました!

結論として、

ボニーの能力で若返りくまの人質として捕まえていたがイム様達は若返る事に成功してくまも革命軍に行ってしまったので用済みになったと考えています。

今後の展開が楽しみですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ぜひほかのワンピース考察もしていますの

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次