RE-MAIN2話のあらすじと感想!そんな理由で水球やるの?!

今回は2話目。

新しく始まったアニメ、前回は1話ということもあり今回から本格的に物語が動いていきます!

変な理由から水球部に入ることを決めたみなと。
個性的なメンバーも加わり6人となった水球部。

初めて水に入るみなとはやはりあの時の感覚を取り戻せずにいた。

水中でのシーンはさすがMAPPAさん、すごく綺麗です!
それから試合できる人数は7人から、もう一人のメンバーは入るのか?

という事で、今回はアニメRE-MAINの2話「僕は天才じゃない」のネタバレ感想と見どころを紹介していきます!

あわせて読みたい
RE-MAIN1話のネタバレ感想と見どころ!主人公がしょっぱなから記憶喪失! 7月から新しく始まりましたアニメRE-MAIN。水球のスポーツ系アニメですが、水球をするシーンはまったくありません、というか主人公が事故で意識不明になり、半年以上眠...
スポンサーリンク
目次

RE-MAIN2話「僕は天才じゃない」のあらすじ

2話予告 公式サイトより引用

隣の高校に通うちぬさんと変な約束をしていた記憶喪失前のみなと。
高校で水球日本一になったら付き合う、できなければ22万円払うというすこしおバカな約束をしてしまい、支払いを迫られる。
それが嫌で水球部に入る決意をした。

譲がみなとがいる水球部に入れば日本一になれるとビラをばら撒き、沢山入部希望者が集まったがみなとが水球できないとなるとみな去ってしまった。
しかし、猪俣ババヤロ豊と牛窓喜晴の2人だけは残ってくれた。
水球部は元々廃部で譲が立ち上げたため、他にメンバーがおらず新しく来た2人合わせても5人だった。
ミーティングしているとたまたま通りがかった江尻武一がマイナースポーツだから入部する、自分がキーパーをやると宣言しだす。
譲はキーパーの座を渡したくなかったが、武一の水球への安易な考えに栄太郎が激怒、譲と武一のキーパー対決をすることになった。
投げるのはもちろんみなと、なにか思い出せるかもしれないと水に飛び込んでみるが何も思い出せず。
一方、栄太郎はやせ細ったみなとの体をみてショックを受けてしまう。

勝負の結果、譲が勝ち武一は水球を辞めようとするが「動機なんかなんでもいいからよ!」という熱意に押され部に残ることにした。

そして残るもう一人のメンバーをスカウトしにいく。

スポンサーリンク

RE-MAIN2話「僕は天才じゃない」の見どころ

まず、今回から初めて水中でのシーンが描かれています。
通常水の中であればわざわざ描かないと思われるがびっくり、きちんと描いているし巻き足しているのも見える!
しかもただ描くのではなく波でぼんやりと水中が見える感じも見事に再現!

アニメの綺麗な絵を楽しみたい、そういう方も満足できるはずです!
それから、みなとがおぼれかけるシーン、譲が泳いで助けにいくが水を蹴って助けにいく。
その水を蹴る足を描いて、しかもそれをアップにしているカット。
MAPPAさんの心意気と水球への熱い想いを感じる!

それから、一人で練習してきた譲。

広いプールがより広く見える描き方、プールに一人ポツンといる様子や他の部が大勢でランニングしているのに対し譲は一人で筋トレのシーンもすごく好きだ。
いつもはおちゃらけているけど本当は寂しかった様子がよくわかる。
もう一人で練習したくないんだよ!と譲は言ったが確かにあれは寂しすぎる、涙目になるのも無理はない。
見ているこっちが寂しくなるシーンだった。

RE-MAIN2話「僕は天才じゃない」ネタバレ感想!

動機なんてなんでもいい!譲の一言で武一だけでなくその場のみんなが水球をやる決意を固めた感じですね!
絵が一瞬でしたがそれぞれのメンバーが何かを抱えながら水球部に来たようでした。
彼らの過去や心情に関するお話もみたいですね。

また、事故後すっかり変わってしまったみなとにショックを受ける栄太郎。
主人公に対してマイナス感情の描写はあまりみられないし、あってもセリフはないことが多い。
栄太郎の場合、心の声だがセリフがあった。このままではアニメは進めないし終われない。
みなとが活躍していく様子を期待したい。

まとめ

という事で、今回はアニメ「RE-MAIN」2話のあらすじと、ネタバレ感想や見どころを紹介しました!

今後のみどころとなってくれ!後輩(事故で留年したため同学年だが)にいいところを見せてくれ!と一視聴者の僕は願いながらこのアニメを見続けます。

スポンサーリンク
目次
閉じる