【ヴァニタスの手記】アニメ2話のネタバレ感想と見どころ!原作との違いは?ジャンヌ&ルカ登場!

アニメ「ヴァニタスの手記」の2話「Noé-花の都にて-」の感想と見どころ、アニメを見て疑問に思った点なんかを原作大好きなとうこが解説していきます!

主要登場人物が続々登場で、楽しみも倍増してきました!

今回もアニメと漫画の違いや、用語の説明なども行っておりますよ^^

こんなあなたにおすすめする記事です
  • ヴァニタス手記の2話を見て疑問点がある
  • ヴァニタスの手記の2話の感想を知りたい
  • 原作漫画との違いがあったのか知りたい

本記事はネタバレ箇所が多く含まれます。絶対嫌だという方はご注意ください!

あわせて読みたい
「ヴァニタスの手記」アニメの見逃し配信を無料で見る方法!配信日や放送局一覧 ヴァニタスの手記は19世紀パリを舞台に吸血鬼と人間がおりなすゴシックファンタジーです。 https://youtu.be/yFBNZF1d_0A 公式ユーチューブより引用 美しいヴィジュアル...
スポンサーリンク
目次

アニメ「ヴァニタスの手記」2話「Noé-花の都にて-」のあらすじ

公式サイトより引用

ノエとヴァニタスは飛行船の件で牢に入れられてしまいますが、それを開放したのは、ヴァンピールと人間の均衡を保つことをヴァンピールの女王より命じられた、オルロック伯爵だった。

伯爵の元へ向かった二人は事件解決と囚われたアメリアの救出という目的が一致し、協力することに。

そんな中、二人はルカという少年とジャンヌという女性に出会う。
その二人組はヴァニタスの手記を狙っていた。

スポンサーリンク

アニメ「ヴァニタスの手記」2話「Noé-花の都にて-」の見どころ

アニメの見どころはなんと言っても「業火の魔女」との戦闘シーンです!

戦争でブロー(処刑人)だったジャンヌは千人以上の同族を殲滅した「業火の魔女」で、そのガントレットもアニメでは美しく表現されていました。
一見の価値あり!

あと、ノエと黒髪の少年とのやりとりでチラリしていた、ノエの過去。
これも見どころです。

この黒髪の少年は2話の段階でも気になる人物だったと思いますが、これからもノエにとって重要な人物でもあるんで、しっかり覚えておいてください^^

各タイトルの謎

2話で気づいたんですが、このヴァニタスの手記はアニメでも漫画でも各話のタイトルは物語の最後に表示されます。

原作漫画には無いものがアニメには実はあります。

それは各話のタイトルの横に文字が表示されているのです。

1話が「ト」で、2話が「タ」です。
これは何を意味しているのでしょうか。今後もタイトルには注目していきたいと思います!

アニメ「ヴァニタスの手記」2話「Noé-花の都にて-」は原作漫画と違う?

1話は原作漫画の1巻2話・3話目とほぼ同じです。
今回もセリフが若干カットされておりました。

大事な伏線・・・というか、原作では牢獄に居る時に、ノエはヴァニタスに何者なのか、蒼月の吸血鬼との関係を聞くのですが、ヴァニタスに質問を遮られてしまします。

ここは、今後蒼月の吸血鬼や自分の事を知られたくないヴァニタスが無理に話を遮った風に見えたので、伏線の一部だったのではないか。と思うんですが・・・カットされてました。

あとは、ダンテの仲間の女性がジャンヌとの戦い前にコソコソと逃げておりました(笑
原作では逃げた描写が無かったので、アニメの良い改変ですね!

狭間の向こうとは?

アニメでは狭間の向こう側と言っていましたが、原作では「境界の向こう側」です。

「境界」は、ヴァンピールの住む異界(アルタス)と人間の住む世界とを結ぶ空間の歪みであり、その境界はヴァンピールしか渡る事は出来ないとされています。
まあヴァンピールに触れていれば人間も渡れますけどね。

パリが通じている異界はもう一つのパリ(アルタス・パリ)と呼ばれ、ヴァンピールの貴族の社交場もあったりします。

ヴォートル・アルテスの意味

ルカのお願いに答えたジャンヌの言葉「ヴォートル・アルテス」。
言葉だけ聞いただけではわかりませんよね。
フランス語だと思うのですが・・・。

意味は「我が主」という意味で、ルイはジャンヌの主なのがよく解る言葉です。
なぜ、業火の魔女と言われてた戦争時の処刑人がルイという少年と主従にあるのか、ジャンヌの過去という形で今後明らかになると思います。

ただ、今回ジャンヌがルスヴン卿のブロー(処刑人)だとヴァニタスが言っていたので、ルイはルスヴン卿と何らかの関係があるとわかったと思います。

先読みしたい!
と思ったら、漫画を読んでください!
漫画美麗ですし、しっかり話が作られているから一気に読みたくなりますよ^^

あわせて読みたい
「ヴァニタスの手記」アニメはどこまでやる?原作漫画の何巻までか? 「ヴァニタスの手記」のアニメは原作漫画の何巻までやるのか?どこまでやるのかを予想します!公式では分割2クールが発表されており、おそらく24話放送されると思われ...
あわせて読みたい
ヴァニタスの手記(カルテ)漫画1巻の各話あらすじとネタバレ感想!美麗な吸血鬼と人間の物語!とにか... 表紙の絵の綺麗さに惹かれ、読んでみたいと思っていた作品です。 今夏アニメ化されたということで読んでみることにしました! 『Pandora Hearts』の作者でもある望月淳...

アニメ「ヴァニタスの手記」2話「Noé-花の都にて-」のネタバレ感想

ジャンヌ&ルカ登場で興奮しました!

ルカのショタ具合や、ジャンヌのテレ顔の再現がとっても良かった!
漫画でもかわいい二人ですが、アニメでもこれからかわいい場面がいっぱい見られると思うと超期待します!!

あと、ヴァニタスは相変わらずな感じで、ちょっとアニメ全体的にはギャグテイストの印象が強いかなぁ。
と思わなくも無い。
けどかわいいから良いか。

原作ではもう少しトーンがシリアスなんですよねー。
ギャグも入っているし、ほんわか〜〜って場面も確かにあるんですが、シリアスパートが重くて全体の雰囲気はシリアスな印象を受けるのかも。

特に原作は今超大変な事になっているから。

とにかくアニメはどこまでやるか解らないんで、ここは今後に期待します!

まとめ

という事で今回はヴァニタスの手記のアニメ2話の用語解説(笑とネタバレ感想と見どころをお送りしました!

今回もパリの優雅さや美しさとゴシックファンタジー全開な感じでしたし、ヴァニタスも麗しかった。

今回わかったこと
  • アメリアは伯爵に捕らわれてて、処刑一歩手前
  • アメリアを助ける為、ノエはヴァニタスと9人殺しの吸血鬼の犯人を探す事に
  • 犯人をヴァニタスの書で気絶させた所でジャンヌとルカ合流
  • ルカの目的はヴァニタスの書
  • ノエとヴァニタスはジャンヌに襲われる

てな感じでしが。

次回は「血を暴く牙」という事は、ノエの能力が解る回になるようです。
あと流れから「恋」もあることでしょう。

た、楽しみすぎる・・・。

ヴァニタスの手記関連記事一覧

【アニメヴァニタスの手記の感想記事】

  1. 【ヴァニタスの手記】アニメ1話はネタバレ感想と見どころ!原作との違いは?
  2. 【ヴァニタスの手記】アニメ2話のネタバレ感想と見どころ!原作との違いは?ジャンヌ&ルカ登場!
  3. 【ヴァニタスの手記】アニメ3話はネタバレ感想と見どころ!原作との違いは?ヴァニタスが恋するのは!?
  4. 「ヴァニタスの手記」アニメ4話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ヴァニタス、ヴァンピールの世界で暴走!
  5. 「ヴァニタスの手記」アニメ5話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ノエのトラウマ回想!ルイの望みとは?
  6. 「ヴァニタスの手記」アニメ6話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ルスヴン卿登場!
  7. 「ヴァニタスの手記」アニメ7話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ルスヴン卿登場!

【ヴァニタスの手記の関連記事】

【漫画ヴァニタスの手記の感想記事】

スポンサーリンク
目次
閉じる