「ヴァニタスの手記」アニメ5話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ノエのトラウマ回想!ルイの望みとは?

アニメ「ヴァニタスの手記」の5話「Reminiscenceー友ー」の感想と見どころ、アニメを見て疑問に思った点なんかを原作大好きなとうこが解説していきます!

5話はノエの回想回なので、ほぼほぼヴァニタスが出てきません。
最後にノエを助けるために出て「ノン!」って。

これ、漫画の時はヴァニタスが言ってるって解らなかったので、アニメ見て良かった〜!って思いました!

ということで、今回は5話はノエの過去回想回、アニメと漫画の違いやを交えて感想と見どころをお送りします。

こんなあなたにおすすめする記事です
  • ヴァニタス手記のアニメ5話を見て疑問点がある
  • ヴァニタスの手記のアニメ5話の感想を知りたい
  • 原作漫画との違いがあったのか知りたい
あわせて読みたい
「ヴァニタスの手記」アニメ4話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ヴァニタス、ヴァンピールの世界... アニメ「ヴァニタスの手記」の4話「Bal masqué―仮面が嗤う夜―」の感想と見どころ、アニメを見て疑問に思った点なんかを原作大好きなとうこが解説していきます! 3話ま...

本記事はネタバレ箇所が多く含まれます。絶対嫌だという方はご注意ください!

スポンサーリンク
目次

アニメ「ヴァニタスの手記」5話「Reminiscenceー友ー」のあらすじ

公式サイトより引用

4話で遭遇したシャルラタンのネーニアとの接触によってノエは自分が何も出来なかった親友のルイの事を思い出します。

ここから過去ノエのドミそしてルイに何があったのか、ノエの回想という形で展開されていきます。

ノエは幼少期人間の世界で孤児となり、老夫婦に拾われ育てられます。
老夫婦が亡くなったあとは人さらいにつかまって人間世界を連れ回されますが、サド侯爵(ドミの祖父であるノエに先生と呼ばれている人物)に買われ先生の家であるサド家の別宅にきます。

そこにはドミニクとその兄ルイがいました。
三人はノエの素直な性格もありあっと言う間に仲良くなります。

が、時間を追うにつれ、ルイの様子が変わってきます。
ルイは呪い持ちであった事でサド家からは忘れられた存在として祖父の家で過ごす事になったようでした。
そんなルイにノエは心配するも解決するには至りませんでした。

そんな時に仲良くなった村の子どもたちの内の一人であるミナが呪い持ちになり、翌日処刑される事になります。
他の子どもたちもノエやドミもその子を助けようとしますが、ルイは一人反対します。

そしてその日子ども達、ノエ・ドミは子ども達の基地にしていた所にミナを匿いますが、ミナが発病してしまい、襲われます。
そこにルイが助けに来ますが、ミナを屠った影響からか自身も発症してしまうのです。
ノエはなんとかしようとしますが、それも叶わず間一髪で先生がルイをノエの目の前で首をはねノエとドミ救います。

後にルイが自分の病を知っていて、ノエに自分を殺す為の杭を用意していた事がわかり、どんな気持ちでそれを作っていたのか、自分は何も出来なかった救ってやれなかったと後悔がノエを遅うのでした。

このルイから真名を奪ったのがネーニアであり、その事からノエを知っていたようです。
ノエの弱みにつけこみ、ネーニアはノエの真名も奪おうとしますが、そこに現れたヴァニタスに阻止されるのでした。

スポンサーリンク

アニメ「ヴァニタスの手記」5話「Reminiscenceー友ー」の見どころ

5話の見どころは、ノエとドミ・ルイの関係です。
ノエが引き取られた(先生に人買いから買われた)サド家で出会ってから、ずっと一緒にいた3人。
(ドミだけ本家で育ってます)

ノエの過去が見どころなので、その過去で何があって、ノエはルイの事をどうおもっていたかぜひ見てください。

5話のタイトル文字

5話は「モ」でした。
前回までの情報1話目「ト」2話目「タ」3話目「ボ」4話目「ツ」。

これはいったいなんなんだーーー。すっごい気になるけど、何か解らないモヤモヤしますね・・・。

アニメ「ヴァニタスの手記」5話「Reminiscenceー友ー」は原作漫画と違う?

5話は原作漫画の2巻目9話から10話の途中までの内容でした。

さすがに2話弱を1話にしている事からほぼ漫画と同じ内容になってます。
が、ルイが先生に殺された部分のノエの独白がまるっとカットされていて、それあった方が良かったかな。と思いました。

だって、ルイを目の前で殺されてなのに「はい、先生」って答えたノエの心の中とかがアニメだと全然わかりません。

漫画では独白があったので、ノエはこんな状況なのに自分が生き残った事に安堵している事に気づき、自分自身を嫌悪して、だからこそ「はい、先生」と答える事で自分を罰している(先生に怒るのは筋違いだと思った)のかな。と理解できました。

でもその前にノエがルイをどんな風に思っていて、すごくルイの事が大事だったんだ、というのが伝わる独白が入ったので、プラマイ0かもしれない(笑

今回のアニメは丁寧なんですが、若干それぞれのキャラの心情が伝わりにくい部分があるので、そこをもっと気持ちよく描いてくれることを祈ります!

でもキレイで動くだけでもありがたいですけど。

あと、ドミが雷が怖くてルイのベッドに3人で寝たシーンですが、2巻9話〜10話にはありません。
こちらのエピソードは5巻の幕間「Chambre d’enfantsー雨音の夢ー」で描かれているエピソードです。

ヴァニタスの手記、5話の続きを今すぐに読みたいなら、がオススメです。
無料で貰えるポイントで読めますよ!
ダウンロードは無料でできます!

→ 

アニメ「ヴァニタスの手記」5話「Reminiscenceー友ー」のネタバレ感想

今回は、ノエの過去回想という事で、小さい頃のノエやドミ、そして影のある少年ルイが出てきて、麗しかったです!

ノエの楽観的で素直な性格はこの頃もそうだったようで、こんな子に育ったのは、最初に拾った老夫婦のお手柄なんじゃないかと本気で思います。

人間の世界でヴァンピールの子どもが見つかったら絶対に無事に生きられなかったと思うので、ほんと良かったと思いますし、ノエの親はいったいどうしたんだろう。ましてや「血を暴く牙ーアルシヴィスト」の一族であると結構な謎なんじゃないでしょうか。

先生は本当に愉快犯で、何を考えてるかまったくわかりません。
蒼月の吸血鬼の事を知ってそうだし、古のヴァンピールとはいったいとういった存在でどんな事を思っていたのか、すごくきになりますね〜。

とにかく今回は幼少期の3人が見られて満足ではありますが、お話が悲しすぎて、ノエの側からしたら思い出したくない事件でした。

ここまでひねくれず暗くならずノエが生きている事に、ドミの努力が伺えます。
ドミがんばれ!!

まとめ

という事で今回はヴァニタスの手記のアニメ5話のネタバレ感想と見どころをお送りしました!

今回わかったこと
  • ノエにはドミ以外にルイという幼馴染がいた
  • ノエは孤児で「先生」に買われてサド家に来た
  • ルイは呪い持ちだった
  • ルイはノエの目の前で「先生」に首をはねられている
  • ルイはノエに殺してほしかった
  • おそらくルイはネーニアに真名をとられた

てな感じで終了しました。

次回は「Salvatioー疑問ー」です。
ヴァニタスの言う「救済」とは何なのか、そしておそらくルスヴン卿(超重要人物)が登場します。

ヴァニタスの手記関連記事一覧

【アニメヴァニタスの手記の感想記事】

  1. 【ヴァニタスの手記】アニメ1話はネタバレ感想と見どころ!原作との違いは?
  2. 【ヴァニタスの手記】アニメ2話のネタバレ感想と見どころ!原作との違いは?ジャンヌ&ルカ登場!
  3. 【ヴァニタスの手記】アニメ3話はネタバレ感想と見どころ!原作との違いは?ヴァニタスが恋するのは!?
  4. 「ヴァニタスの手記」アニメ4話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ヴァニタス、ヴァンピールの世界で暴走!
  5. 「ヴァニタスの手記」アニメ5話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ノエのトラウマ回想!ルイの望みとは?
  6. 「ヴァニタスの手記」アニメ6話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ルスヴン卿登場!
  7. 「ヴァニタスの手記」アニメ7話のネタバレ感想!原作漫画との違いは?ルスヴン卿登場!

【ヴァニタスの手記の関連記事】

【漫画ヴァニタスの手記の感想記事】

スポンサーリンク
目次
閉じる