バクテン!!4話ネタバレ感想とあらすじ!寝ても起きてもライバルと新体操!

前回はアオ高全員での練習を始めるお話でした。

初心者の翔太郎、新参者の美里、四人での演技に慣れてしまった先輩たち。
六人での演技が揃わず苦労します。

そんな翔太郎たちを見て監督の志田は強豪の白鳴大学附属高等学校、通称シロ高との合宿を提案します。
ライバルと競い合うことで様々な気付きを得られるのではないかと言うのでした。

合宿の準備にかかる先輩たちを見送り練習に励む翔太郎でしたがなかなか上手くいきません。
練習中に出会ったシロ高の一年、月雪ましろの一言でなにかを掴み鹿倒立を成功させるのでした。

インターハイ常連の強豪校でありアオ高のライバルでもあるシロ高が登場しました。
部長同士のやり取りが非常にテンポよく楽しかったですね。

似た者部長の掛け合いが笑えるバクテン!!4話のあらすじとネタバレ感想をお送りします!

あわせて読みたい
バクテン!!3話ネタバレ感想とあらすじ!迷子と鹿倒立と鬼ごっこ フジテレビとアニプレックス、イオンエンターテインメントが共同で岩手県・宮城県・福島県の被災3県を舞台にした「バクテン!!」のアニメの3話。 2話は翔太郎のバク...
スポンサーリンク
目次

バクテン!!4話「ライバルなんだ!」のあらすじ

出典:アニメ「バクテン!!」公式サイトより引用

シロ高の圧倒的な演技を見せつけられた、アオ高新体操部の面々。

合同練習でも息が合わず、散々な結果となってしまった。

意気消沈するアオ高メンバーたちに、監督の志田周作はアドバイスを授ける。

彼の言う「立ち止まって空を見上げる」という言葉の意味とは、いったい……?

出典:アニメ「バクテン!!」公式サイトより引用

シロ高の圧倒的な実力にアオ高は気圧されてしまいます。
寮で夕飯を作りながら各々が考えこんでいると、シロ高校の面々が顔を出しました。
遠征してきているシロ高の宿泊先として寮の空室を提供していたのです。

翌日、朝一番からひと悶着を起こしつつ合同練習が始まります。
シロ高の監督、馬淵修司は厳しくアオ高監督志田の大学時代の先輩でもありました。
ふたりはシロ高の附属元、白鳴大学新体操部の基礎を築いた世代だったようです。
シロ高の強さの秘訣を知り感心するアオ高の面々でしたが、七ヶ浜の喝で気合を入れるのでした。

練習の一環で通し演技を行いそれぞれのチームが気付いたことをアドバイスし合うことになります。
美しい演技を見せるシロ高とは反対にアオ高の演技は散々で、七ヶ浜は歯噛みし自分たちの演技にはアドバイスをもらう価値もないと慨嘆しました。
帰り道、美里は翔太郎に声をかけましろを意識しても意味がないことを伝えます。
翔太郎の思いを聞き、口々に翔太郎へかける言葉を聞き七ヶ浜は自分たちの演技が合わない理由に気付くのでした。

スポンサーリンク

バクテン!!4話「ライバルなんだ!」の見どころ

合宿が始まりシロ高のメンバーと一寝食共にする生活になります。

志田の過去も明らかとなり学生時代の姿もありました。
今とはまったく違う鋭い目つきでしたね。
シロ高監督の馬淵監督からも昔の気性の荒さを指摘されてしました。
どういった経緯があり今の穏和な監督となったのか気になりますね。

そして前回からの課題でもあった六人での演技にも解決の糸口が見えました。
合わせようとするあまり合わなくなってしまっていた、というのはお互いを思い合うからこそですね。
寮に戻ってからは新入生の歓迎会を兼ねてシロ高との親睦会を開きます。

女川と大湊はご当地アイドル、亘理と吾妻はハードボイルド、築館と竜ヶ森は草花、部長コンビは相変わらずで各々友好を深めますが、その混沌っぷりにマイペースなましろを除いた翔太郎、美里、栗駒、陸奥はついていけてはいないようでした。

バクテン!!4話「ライバルなんだ!」の感想

アオ高とシロ高の気の抜けるようなやり取りが入ることによって、七ヶ浜の重く苦しい責任感などがより強調されると同時に息苦しくなりすぎず見ることができました。
あまりにもつらい展開だけで突っ切られると元運動部としては当時の記憶が蘇ってしんどくなるのですが良いバランスだったように思います。

寮での歓迎会がもう楽しくて、亘理と我妻は君ら小学校の昼休みかな?となるようなやり取りで笑ってしまいました。
築館さんと竜ヶ森のおっとりコンビもなかなかマニアックな盛り上がり方をして逐一吹き出してしまいます。

そして結構な大きさで切り分けられていた青森銘菓の気になるリンゴを一口で平らげた栗駒さん……

とうこ

いやあなた……それほぼ輪切りリンゴのサイズ……一口で……

バクテン‼感想記事一覧

1話2話3話4話
5話6話7話8話
9話10話11話12話

「バクテン!!」はFODプレミアムで見逃し配信見られます
FODプレミアムはお試し期間があり、
雑誌や書籍も購入できます↓

※無料期間中に取得可能なポイントで有料作品を楽しむことができます!

まとめ

合わせようとしていたからこそ合わせられなかった、ということに気付きアオ高の演技がまとまりを見せ始めました。
負けたくないと思えるライバルが近くにいたのも大きかったでしょう。

自分たちの目的は同じ演技をすることではなくIHに進むことだと目指す場所も共有し明確にしました。
そして仲間であると同時にライバルでもあると。

翔太郎自身や他のメンバーが翔太郎に対し初心者だからと思うのではなく、ライバルとして、互いに超える壁として向上し合う関係を築きたいと伝えるのでした。

まだ合宿は続くようですし、どんな掛け合いが出てくるのかも期待です。

アニメバクテン!!、5回も非常に楽しみですね!

バクテン!! 関連記事↓
スポンサーリンク
目次
閉じる