場地圭介が東卍を裏切り脱退!血のハロウィンで死亡した理由とは?

ストーリー全体としては出番が少ないが、東京卍會を語る上で重要な人物なのが場地圭介。

東京卍會の創設メンバーの1人でもある場地が、なぜ東卍(とうまん)を裏切り敵対している芭流覇羅(ばるはら)に行ったのか、血のハロウィンと言われる東卍と芭流覇羅との抗争で死亡した理由や死因について、場地の過去を交えながら考察していきます。

考察の前に、場地圭介とはどのような人物なのか簡単なプロフィールがこちら。

身長/体重:175cm/58kg
誕生日:1990年11月3日
血液型:AB型
所属:東京卍會 壱番隊隊長→芭流覇羅
愛車:SUZUKI GSX250E (ゴキ)
好物:カップ焼きそばのペヤング
怖い人:かーちゃん
特徴:八重歯、長い黒髪(本気の喧嘩の時は1つに結ぶ)

完全にネタバレしてますので、絶対に事前に知りたくない!という方はブラウザバック推奨です!

スポンサーリンク
目次

場地圭介の裏切り!東京卍脱退の理由は?

場地が東卍を脱退していった理由は、大きく2つの理由があると考察されます。

  1. マイキーにすら真意を悟らせず東卍を盛大に裏切り、たった1人で芭流覇羅に行くことで潜入を怪しまれないようにした。
    (壱番隊 副隊長の千冬だけは、その真意に気付いていた)
  2. 東卍を脱退し芭流覇羅に行った本当の理由は、稀咲鉄太を芭流覇羅サイドから探るためだった。

これらについては、千冬がタケミチに語っていたこと、場地が死の間際に語っていたことから考察することができます。

場地が稀咲を疑い始めたのは、愛美愛主(めびうす)との抗争でパーが逮捕された後からでした。
稀咲がマイキーに、パーの出所を条件に参番隊隊長任命の話を持ち掛けている所を密かに目撃していたからです。

そして稀咲が参番隊隊長に就任することで東卍に危機が訪れると思い、稀咲の尻尾を掴み、機会があれば倒そうと動き出したと推察されます。

だからこそ、内輪揉めを起こして出禁になっていた集会に現れた。
そして、任命式という大事な集会を利用して東卍を脱退して芭流覇羅に行くことを大々的に宣言することで、東卍サイドには裏切り者と印象付け、さらに芭流覇羅サイドにはスパイではない証拠の1つとしたのでしょう。

場地は、自身が裏切り者となることが東卍への被害が最小限になると考え、この手段を取ったと推察されます。
(移籍の件での東卍の被害は、スパイではない証明のため場地に殴られた千冬のみ)

スポンサーリンク

場地圭介の過去

場地の過去について、3つの視点から考察していきます。

マイキーとは幼馴染

場地とマイキーは家が近く、場地はマイキーの祖父が師匠をしている道場で稽古を受けていた。

場地はマイキーに、しょっちゅう喧嘩を吹っ掛けるも毎度ボコボコにされてしまう。

喧嘩ばかりの2人だが、マイキーは「眠いってだけですれ違った奴殴るし、腹減ったら車にガソリン撒いて火ぃつけちゃうし」と場地が何を考えてるか分からないエピソードを話した後に「俺 あいつ(場地)の事 大好きなんだ」と一言。

そんな2人の間には、あれこれと多くの言葉にしなくてもいいほどの深い友情や絆を伺い知ることができます。

東京卍會は場地が作った?

中1の6月、東卍創設メンバーの一人である一虎が3つ上の暴走族(黒龍)とやりあっていることを場地がマイキーに話す。
すると、マイキーが「でけぇ族(黒龍)とやるからには大義名分が欲しい」と言います。

それに対し、場地が「チーム(暴走族)を創る」と提案し、既に役割まで考えてあった。

総長:マイキー
副総長:ドラケン
まとめ役:三ツ谷
旗持ち:パー
特攻隊:一虎、場地

さらに、チームの名前はマイキーの名前を取って『東京万次郎會』とすることまで決めていた。
しかし、全員から「万次郎會はダサい」と言われ、即却下される。
そこで、「マンジ」を残して『東京卍會』となったようです。

東卍設立の概要
  • 幼少期の場地は、マイキーと家が近く、よく喧嘩を吹っ掛けていたがいつもボコボコにされていた
  • 一虎を助けるため、大義名分が欲しいと言ったマイキーに『東京万次郎會』の創設を持ち掛けた

マイキーの兄が死んだ事件とは?

マイキーには10歳上の兄・真一郎がいた。
真一郎はバイクショップを経営していて、2003年夏にバイクを盗みに夜中に店に侵入していた少年と鉢合わせをしてしまい殴り殺されてしまいます。

その少年というのが、一虎と場地だったのです。
場地と真一郎は互いに誰か気付く。

場地は工具で殴ろうとする一虎を止めるが、顔を見られてしまったという気持ちが先行していた一虎は殴ってしまいます。
そして、真一郎は病院に運ばれるも出血多量で死亡、一虎と場地は駆け付けた警察に連行されて行きます。

なぜ、この事件が起こってしまったのか。
東卍創設メンバー6人のうち、マイキーだけが原チャに乗っていた。
出掛けた先で地元ヤンキーに絡まれ、場地がヤンキーから体を張って守った原チャをマイキーは自ら蹴って壊してしまう。
マイキーは、愛車より仲間を大事にしました。

愛車の無くなったマイキーに、誕生日が近いし欲しがっていたCB250Tをプレゼントしようと言い出したのが一虎で、店頭にそのバイクがあると目を付けたのが真一郎のバイクショップだったのです。

店頭に整備中で置いてあったCB250Tは、真一郎がマイキーに誕生日プレゼントとして渡すはずのものだった。

マイキーの兄真一郎の事件の概要
  • 一虎と場地がマイキーにCB250Tをプレゼントしようと盗みに入った店がマイキーの兄の店だった
  • 顔を見られた一虎は場地の制止を聞かず、真一郎を工具で殴り殺してしまう

血のハロウィンで場地がとった行動は?

血のハロウィンで場地がとった行動は、大きく2つの行動があると考察されます。

  1. 血のハロウィンで場地が狙うのは、何があっても稀咲ただ1人。
    そして、稀咲を殺るのは現在の所属が芭流覇羅になっている自分だけと考えていた。
  2. 「創設メンバーは俺の宝だ」というほどに大切にしていた仲間であるマイキーには感謝を、場地を刺した一虎には気遣いを残し、自らの腹を刺して血のハロウィンを終わらせた。

場地は抗争が始まってから稀咲が東卍の信頼を得たと確信するまで動かず、機会を待って殴り掛かります。

この時すでに稀咲を倒すこと以外見えなくなっていた場地は、千冬が目の前に立ちはだかろうとも止められる状態ではなくなっていました。

場地は一虎に刺され深傷を負っていることを隠し、千冬と場地の傷を心配するタケミチにマイキーを託して、髪を結びます。
稀咲選りすぐりの50人をあっという間に倒し、稀咲の喉元に尖ったパイプを突きつけるも、そこで力尽きる。
ここで場地の目的は失敗に終わります。

意識を取り戻した場地は、場地の為に怒ってくれたマイキーに「ありがとう」と伝え、一虎には「俺はお前には殺られねぇ」と伝え、自らの腹を刺しました。

場地が自らの命を犠牲にすることで、マイキーが一虎を殺す理由を、一虎が場地を殺したという罪悪感を無くすことができたのだと推察されます。

血のハロウィンでの場地の想い
  • 場地は自分がどんな状態になってでも、稀咲を自らの手で倒すつもりでいた。
  • 場地にとって創設メンバーは、死の間際になっても感謝と気遣いをするほど大切な仲間だった。

血のハロウィン編についてはこちらに詳しく解説してます。
→ 血のハロウィン編とは?ネタバレのあらすじと抗争の内容を解説!原作漫画では何巻かも紹介!

場地圭介の死亡理由は?

場地圭介の直接的な死因と言えば、前にも書いたとおり、自分で自分の腹を刺した事です。
おそらく血が多く流れた事と腹部の臓器の損傷によるものだと思われます。

医学的な死因についての描写はありませんが、そんな所でしょう。

ですが、その前に一虎に刺されている事で、場地はマイキーが一虎を罰する必要が無いと伝えたかったのだと思います。
また、一虎へもお前が刺した傷で死ぬわけじゃないと訴えたかった。
という事ではないでしょうか。

あのまま救急車に運ばれていたらもしかするとドラケンの時のように一命はとりとめていたかもしれない。と思うとやりきれませんね。

場地圭介が登場するのは何巻から?

場地圭介が登場するのは《5巻~8巻》となっています。
各巻を場地圭介に重きを置いて簡単に紹介したのが、こちら。

5巻(34話~42話)

場地の登場は、38話から。
集会に出禁のはずの場地が稀咲の参番隊隊長任命式に現れ、東卍脱退と芭流覇羅への加入を宣言する。

芭流覇羅の加入のため試験として、側近の千冬を芭流覇羅メンバーの前でボコボコに殴る。

6巻(43話~51話)

マイキーの兄・真一郎が死んだ事件を回想。

血のハロウィン前日、千冬に呼び出されて会う。

7巻(52話~60話)

抗争が始まるが、場地の姿なし。
57話で稀咲を狙って登場する。

千冬に「稀咲を殺るのは今じゃない」と止められるが、もう止まらない場地は一虎に刺されて深手を負いながらも稀咲の手下50人をあっという間に倒し、稀咲の喉元に尖ったパイプを突き付けるも、ここで力尽きる。

創設メンバーであるマイキーと一虎に気遣いを残して、自らの腹を刺す。

8巻(61話~70話)

自らの腹を刺したところからの続き。

倒れた場地は、タケミチに真意を話す。
そして、創設メンバーがどれほどの存在かも話す。
最後は、千冬に抱えられ「ペヤング食いてぇ。半分コ…な」と言って尽きる。

東卍創設の話、千冬との出会いを回想。

登場する巻の中から更に登場する話数を抽出すると、場地の登場シーンってこんなにも少なかったんですね。
これだけの登場でも、強く印象に残るキャラクターです。

場地の活躍を漫画で読むならがオススメ。
血のハロウィン編前に今までの予習もできるし、お試し期間で貰えるポイントで東京リベンジャーズなら1冊無料で読めます!

\全巻無料で読める!?アニメと漫画両方お得に見る方法を解説中 /

場地圭介が生き返る未来はある?

場地が生き返る未来は、2つの視点を軸に考察していきます。

  1. 原作漫画の流れの中で場地を生き返らせる場合
  2. 場地はあの場では意識を失っただけで、手術など何らかの形で生き残っていた場合
  3. ?????

原作漫画の流れの中で場地を生き返らせる場合、タケミチがタイムリープして血のハロウィンよりも前に戻る必要があります。
しかし、タケミチが戻れるのは現代の時間からキッチリ12年前にしか戻ることが出来ません。

場地が死んでしまった今、タケミチがどんなに急いでタイムリープを繰り返したとしても戻ることのできない過去となってしまったため、生き返らないと推察します。

場地はあの場で意識を失っただけで何らかの形で生き残っていた場合、稀咲があらゆる手段を使って場地を狙ってくることが考えられます。

これは、血のハロウィンの後に現代に戻ったタケミチが稀咲から聞いた話から推察することができます。

このような観点から、場地が生き返る未来は無いと考えられます。

ところが!!
最近スタートしたばかりの新章では、タケミチが10年前にタイムリープしているのです!
そのトリガーとなったのは未来のマイキー。

タケミチは直人と共にタイムリープを繰り返し、ヒナを助けることに成功します。
すると、直人がトリガーとなって12年前にタイムリープすることが出来なくなっていました。

タケミチと直人の共通点は『ヒナを助ける』という思いでした。

これまでのタイムリープがヒナを助けるために必要な過去の修正だとするならば、マイキーがトリガーとなった今は新たな考察をすることが出来ます。
(ただし、タケミチのタイムリープする時間が可変であるという条件付き)

マイキーがトリガーとなる直前、タケミチは「マイキー君を絶対に助ける」、マイキーは「助けてくれ」と具体的に何を助けるのか明示していません。

これがマイキーに繋がる者を全て助けると解釈した場合、大事な東卍創設メンバーである場地が当然含まれると考えられます。
そうすれば、場地が生き返る可能性が出てくるのかもしれません。
(かなり無理のある推測ではありますが…)

血のハロウィン編で場地圭介が裏切る経緯まとめ

これまで場地圭介について、血のハロウィンと場地の過去を中心に考察をしてきました。
出番が少ないながらも、東卍を語る上で重要な人物であることを理解いただけたでしょうか。

改めて場地の裏切りと血のハロウィンについて、整理してみましょう。

  • 場地は東卍を稀咲から守りつつ、東卍の被害を最小限にするために、たった1人で東卍を裏切った。
    (その真意に気付いていたのは、壱番隊 副隊長の千冬のみ)
  • 血のハロウィンは稀咲を狙う絶好の機会で抗争開始時から狙っていたが一虎に刺されて深傷を負ってしまう。
  • 稀咲の50人の手下をあっという間に倒し、稀咲の喉元に尖ったパイプを突き付けるも力尽きてしまい、稀咲を倒すことは失敗に終わる。
  • 場地は、マイキーが一虎を殺す理由と一虎が場地を殺したという罪悪感の2つを無くすため自らの命を引き換えにした。

最後に、この考察を通しての場地圭介の人物像についてまとめてみましょう。

今回わかったこと
  • 常に仲間のことを考えて行動し、東卍に危険が及ぶ際には自らを犠牲にしてでも、その危険が最小限になるような方法を取る。ゆえに「漢の中の漢」と言われる。
  • ・相手のことを考え過ぎるがゆえに、かーちゃんの為に全く勉強が出来ないのに真面目を装ってみたり、千冬とはペヤング半分コといったカワイらしい(?)面もある。

アニメでは、7月より血のハロウィン編がスタートします。
場地を演じるのは、ぷろだくしょんバオバブ所属の水中雅章(みずなか まさあき)さんです。
いよいよアニメーションとして動き出す場地に、どのような声が当てられるのが非常に楽しみです。

東京リベンジャーズ 関連記事↓

【アニメ:東京リベンジャーズ感想】

  1. 東京リベンジャーズのアニメ1話は原作漫画の何巻?あらすじとネタバレ感想も!人生の全盛期へタイムリープしたのはなぜ?
  2. 東京リベンジャーズ第2話「Resist」のあらすじとネタバレ感想!原作漫画の何巻のどこ?タイムリープのトリガーは握手なの?
  3. 東京リベンジャーズ第3話「Resolve」のあらすじとネタバレ感想!原作漫画の何巻何話かも紹介!
  4. 東京リベンジャーズ第4話「Return」のあらすじとネタバレ感想!原作漫画の何巻何話かも紹介!
  5. 東京リベンジャーズのアニメ第5話「Releap」のあらすじとネタバレ感想!原作漫画の何巻何話かも紹介!
  6. 東京リベンジャーズのアニメ12話は漫画の何巻?ネタバレ!原作との違いも
  7. 東京リベンジャーズのアニメ13話は漫画の何巻?ネタバレ!原作との違いも!まだヒナを救えてなかった
  8. 東京リベンジャーズのアニメ14話は漫画の何巻?原作ネタバレ!血のハロウィン編始動!稀咲がなぜ!?
  9. 東京リベンジャーズのアニメ15話は漫画の何巻?原作ネタバレ!タケミチは場地を連れ戻せるのか?!バルハラアジトで
  10. 東京リベンジャーズのアニメ16話は漫画の何巻?原作ネタバレ!なぜ一虎は敵対したのか?原因は・・
  11. 東京リベンジャーズのアニメ17話は漫画の何巻?原作ネタバレ!千冬登場!!タケミチとコンビ結成!
  12. 東京リベンジャーズのアニメ18話は漫画の何巻?原作ネタバレ!千冬の想いと抗争当日!
  13. 東京リベンジャーズのアニメ19話は漫画の何巻?原作ネタバレ!タケミチ決意で活躍!

【関連記事】

【漫画:東京リベンジャーズ感想】

  1. 東京卍リベンジャーズ1巻のあらすじとネタバレ感想!かつての恋人を救い出せ!過去を変えるために時を越えるリベンジが幕を開ける!!
  2. 東京リベンジャーズ210話ネタバレ感想!寺野南でかっ!!
  3. 東京リベンジャーズ211話ネタバレ感想!明司武臣登場で謎判明?マイキーとの繋がりは?
  4. 東京リベンジャーズ212話ネタバレ感想!瓦城千咒はマイキーの血縁?
  5. 東京リベンジャーズ213話ネタバレ感想!梵大幹部登場!ベンケイとワカはどれほど強い?ドラケン再燃!
  6. 東京リベンジャーズ214話ネタバレ感想!ドラケンの所属からの考察とタケミチの決意は?
  7. 東京リベンジャーズ215話ネタバレ感想と考察!千咒は女?タケミチ梵加入か!?
  8. 東京リベンジャーズ216話ネタバレ感想と考察!明司謎の3兄弟!?
  9. 東京リベンジャーズ217話ネタバレ感想と考察!タケミチの新しい能力は?ドラケンはマイキーを切ってなかった!
スポンサーリンク
目次
閉じる