半間修二は未来(大人)で何をした?世界線で解説。タイムリーパーで黒幕なのかも考察!

3巻22話(アニメ9話)で初登場してきた半間修二。
稀咲と行動を共にすることが多い半間ですが、どのような人物で、何をしたのかなどについて解説・考察をしていきます。

半間修二の簡単なプロフィールはこちら。

身長/体重:192cm/79kg
誕生日:1989年10月27日
血液型:AB型
所属(役職):愛美愛主(仮総長)→芭流覇羅(副総長)→東京卍會(陸番隊 隊長)→天竺(???)
趣味・特技:人の歯を折ること
口癖:だりぃ
異名:歌舞伎町の死神
特徴:右手の甲に罪、左手の甲に罰の刺青

\全巻無料で読める!?アニメと漫画両方お得に見る方法を解説中 /

スポンサーリンク
目次

半間修二が大人になって何をしたのか?ヒナの死に関与?

半間が大人になって何をしたのか、タケミチが現代に戻ってきた時に起こる事件ごとに解説していきます。

また、半間がヒナの死に関与しているかについても考察していく。

最初の世界線:ナオトが死んでいる

1巻1話(アニメ1話)冒頭、テレビのニュースでナオトとヒナが祭りで賑わう商店街に突っ込んだトラックに巻き込まれ死亡したことを知るタケミチ。
東卍の抗争によるもので一般市民が巻き込まれたと報道される。

この事件は東卍の抗争の一端であることは語られているが、首謀者など詳しいことが分からず半間が関係しているとは断定できません。

2回目の世界線:ナオトが生きている

1巻2話(アニメ2話)でもヒナはお祭りに行って、屋台を狙って突っ込んできたトラックに巻き込まれて死亡する。

最初の世界線同様に東卍による抗争の一端であると語られる。
そして、この時の東卍の首領が稀咲であるという情報がナオトによってもたらされますが、半間との関係はここでも断定はできません。

3回目の世界線:あっくんが自殺した

あっくんは2巻8話(アニメ4話)で、訪ねてきたタケミチに線路に突き落としたことを告白し、稀咲が怖いと言い残して飛び下り自殺をする。
この時、あっくんが飛び下りるのを稀咲が陰から見ていた。

この世界線でも、稀咲の姿はあれど半間の姿はおろか影すらありません。

4回目の世界線:ヒナが目の前で殺される

4巻32話(アニメ12話)で、公園のトイレで半間とタケミチが遭遇する。

半間は「あれ?車乗ってねぇじゃん」とタケミチの行動パターンを知っているかのような発言をして去っていく。
タケミチがヒナのところに駆け付けると、あっくんの車がヒナの車に追突して大炎上していた。

この世界線で初めて大人の半間が登場する。
「まとめてやろうと思ったのに」という発言からヒナはもちろん、あっくんやタケミチも殺そうとしていたと推察されます。
しかし、その目的や動機などについては一切不明。

5回目の世界線:タケミチ東卍幹部

稀咲は東卍の総長代理、半間は最高幹部の1人となっていた。
東卍の関連企業に警察の捜査が入ったことについて、稀咲が裏切り者探しをする。
裏切り者として捕らえられたタケミチと千冬。
千冬は稀咲よって射殺され、タケミチはギリギリのところで一虎に救出された。

因縁としては稀咲の意思が大きいが、東卍最高幹部の1人となっている半間の姿が見え隠れしています。
しかし、ここでも明確な関与については解明されず。

6回目の世界線:マイキーにより東卍幹部全員死亡

13巻114話~14巻119話でもヒナの交通事故は変わらず、最悪なことに三ツ谷・千冬・八戒・ドラケン・パーちん・一虎・稀咲までもが殺されていた。
その犯人として指名手配されていたのは、マイキーだった。

この世界線では、これまでのマイキーからは考えられない「邪魔なもんは消す」という発言や、マイキーを撃ったナオトに対して「ありがとう」と言ったりしている。
何者かに操られているのではないかと推察できます。
真っ先に疑いたくなる稀咲が殺されていること、目的は分からないが「邪魔なもんは消す」という発想が半間のようであることから、半間の関与が疑われます。

7回目の世界線:みんなが平和、マイキーだけ闇落ち

22巻193話~23巻204話でパーちんの結婚式に出席して東卍とは関係のない世界で日々を過ごす元東卍メンバー。
それに対し、マイキーは梵天の首領となり1人だけ闇落ちしていた。

テレビのニュースでは、1・2回目の世界線で東卍がやっていたことを梵天という組織がやっていることになっていた。
ドラケンによると、12年前にマイキーと決別したがその時既に闇落ちしていたらしいことを知る。

22巻185話で稀咲は死亡し、半間は逃亡者という世界線になっているため、半間が梵天に関与しているかは断定することはできません。

半間が大人になって何をしたのかという点に着目してみましたが、目的などは全く分からないまま。
次の章では、過去の行動履歴から半間について探ってみることにしましょう。

スポンサーリンク

半間修二の正体は?過去の行動履歴から考える目的も

半間の過去の行動履歴を4つの抗争と所属や役職を軸に解説していきます。

83抗争:愛美愛主(仮総長)

愛美愛主の仮総長として、抗争の現場に煙草をくわえながらノラリクラリと現れる。
自らは直接手を下さず、手下たちに「歯を全部折る」と脅しをかけて東卍を潰そうとする。
東卍の仲間が集まり、大きな抗争となるが半間の姿はどこに行ったのか分からないまま終わります。

血のハロウィン:芭流覇羅(副総長)

愛美愛主の長内についていたメンバーと反東卍勢力もまとめ、芭流覇羅を結成。
ここでは、場地の芭流覇羅への入隊試験のようなものの仕切りをしていた。

抗争当日、開戦の合図を勝手に出したきり殆んど戦っていない。
一虎が場地を刺すように仕向けたくらいか。
稀咲との企みもあるために、動かなかったということもあるだろう。

マイキーに蹴られて気絶した半間は、撤退時に手下によって回収されたと思われます。

血のハロウィンについてはこちら
→ 血のハロウィン編とは?ネタバレのあらすじと抗争の内容を解説!原作漫画では何巻かも紹介!

聖夜決戦:東京卍會(陸番隊 隊長)

八戒が大樹を殺そうとするのを止めようと、稀咲が主なりタケミチと千冬に持ち掛ける。
しかし、これは稀咲と半間によって仕掛けられた罠だった。
決戦当日、教会の外で待機していた千冬は半間によって拘束されてしまう。
稀咲と半間はその場を立ち去る。

後に、裏切り者として稀咲が追放されるのと同時に半間も東卍を去っていくのでした。

関東事変:天竺(役職なし?)

抗争の現場には稀咲の姿しかなかった。
鶴蝶が邪魔な稀咲は「邪魔なもんは消す」と半間のような発想で、鶴蝶を撃つ。
この抗争が終結に向かおうとした矢先、どこからともなくバイクに乗った半間が現れて稀咲を連れ去って行く。

稀咲に急かされバランスを崩した半間は、稀咲と共に転倒する。
最終的に、稀咲は死亡し、半間は逃亡者となったのでした。

これらの4つの抗争は、東卍の存続に関わるものという共通点があることから、動機は不明であるが半間にとって東卍が邪魔な存在なのでしょう。
「邪魔なもんは消す」という発想がある半間ですから、東卍を何らかの形で潰すことでが目的ではないかと推察されます。

半間修二はタイムリーパーで黒幕?手の罪と罰のタトゥの関連は?

半間は「あれ?車乗ってねぇじゃん」などのようにタイムリーパーを匂わせるような発言がしばしば見受けられます。
さらに、現在・過去問わずに事件が起こるところでは姿が見え隠れしていることや、行動を共にすることが多い稀咲が死亡しても生き延びていることから、黒幕ではないかという説が様々なところで浮上しています。

半間の最大の特徴である両手の甲にある罪と罰のタトゥは何か関わりがあるのでしょうか。

それらについて、独自の視点から考察をしていきます。

半間はタイムリーパーで黒幕?

タイムリープは、握手をするなど手を握ることによって発動するということだけが分かっています。

東京リベンジャーズに登場する他のどのキャラにも手にタトゥがある人がいないという点から、特別感があるように見えます。

これらのことから、罪と罰の手を合わせることでタイムリープが発動するのではないかと考察することができます。
しかし、状況証拠のみで明確なものは何一つないというのが現状です。

半間が黒幕ではないかということに関しても、稀咲が死亡し半間が生き延びるなどの状況証拠のみで明確なものは何一つありません。

罪と罰の余談

半間のタトゥの「罪と罰」を見てから、ドストエフスキーの有名な作品である「罪と罰」が思い浮かぶ。
そして、ドストエフスキーは一時期を除き熱心なキリスト教信者であることが知られている。

9巻71話~73話など「裏切り者」という言葉のルビにキリスト教の裏切りの象徴である「ユダ」が充てられていることも合わせて、キリスト教の罪について調べてみた。

キリスト教における罪とは、明確な定義はなく状況によって変化するとのこと。
ただし、説明として多く出てくる言葉の意味として「道から外れる」「そむく」「不法、不従順」などがある。

この場合、時を遡ること・過去を変えることが該当すると考えられます。
罰は罪を償う(?)ために与えられるものであるため、半間がタイムリーパーだった場合は何らかの代償を払っているのかも?
(そうなると、タケミチやナオト、マイキーにも代償があることになる)

ちょっと考えすぎました。
ただの読み物だと思って読み流してください。

半間修二の過去は?稀咲と同調していたのはなぜ?

2005年、半間修二は16歳。
年上を複数人数同時に相手にしても、簡単に倒してしまうほどの強さがあった。
新宿の歌舞伎町では「歌舞伎町の死神」として恐れられていた。

そんな時、当時の愛美愛主の総長である長内に呼ばれて連れていかれたのが稀咲のところでした。
そこで稀咲に「オレの駒になれ」と言われる半間。

半間はこの瞬間から、稀咲を気に入っていた。
「他の不良どもと色が違う気がする」「稀咲といると世界に色がつく」「サーカスみたい」など、稀咲といることで何か楽しみを見出だしたことから、稀咲に同調し行動を共にすることとなったのでした。(23巻205話より)

半間修二の強さはどの程度?

半間の戦闘シーンは多くはありません。
断片的な情報を元に、半間の強さについて戦闘能力的側面と知力的側面から考察していきます。

戦闘能力について

  • 年上を複数人相手に簡単に倒してしまう(23巻205話)
  • ドラケンを素手で殴る。ドラケン、受けるがちょっと痛そう(112話)
  • マイキーの蹴りを腕で一発受け止める(アニメ9話)
  • ドラケンと戦うがボロボロ。負けを認める(180話~184話)

総合してみると、攻撃力防御力ともに高いことが分かる。
ドラケンと同等の力があると推察されます。

知力について

元々神童と呼ばれていて小学生の全国模試で1位を取ったことがあるほどの稀咲と行動を共にするということは、同等の知力があると考えられます。
自らの手を汚さないなど狡猾な手段を使っていることなどからも、知力の高さが伺えます。

血のハロウィンで稀咲の企みを唯一見破った場地と比較してはどうでしょう。
と思いましたが、場地は「虎」の字も書けないおバカさんでした。
しかし、野生的な直感でいったら余分な知識がない分、場地のほうが上かもしれません。

場地についてはこちら
→ 場地圭介が東卍を裏切り脱退!血のハロウィンで死亡した理由とは?
→ 千冬がペットショップを経営するのはなぜ?場地の夢だったから?

半間修二のアニメの声優は?実写映画の俳優は?舞台の俳優は?

掴み所のあまりない半間ですが、アニメ・実写映画・舞台でそれぞれどのような人が演じているのか紹介していきます。

アニメ

演じているのは、81プロデュース所属の江口拓也さん。
細身で186cmの長身なところは、半間と共通点が。

転生したらスライムだった件、アイドリッシュセブン、B-PROJECTなどの人気作品に多数出演されています。

声優の他に、アーティスト活動やアパレルデザイン、パーソナリティーなど多方面で活躍されています。

実写映画

演じているのは、オフィス作所属の清水尋也さん。

22歳とまだお若いながらもキャリアは10年近くあるようです。
実写映画は東京リベンジャーズが初めてではなく、こちらも人気作品である「ちはやふる」ではドSキャラの須藤暁人を演じています。

舞台

8月から大阪・東京・横浜で公演が予定されています。
そこでは、劇団番町ボーイズ☆の菊池修司さんが演じるそうです。

字は違うけど「しゅうじ」繋がり!

東京リベンジャーズ舞台公式
https://officeendless.com/sp/revengers_stage/

劇団番町ボーイズ☆公式
https://k.banchoboys5.com/s/n39/page/prof_kikuchi?ima=4700

半間修二は2008年の番外編に描かれているので今後に注目!

夜の墓地にフードを被った男が現れます。
この髪の長いカッコイイ男性の正体は、逃亡中の半間。

半間が向かった先は、稀咲のお墓。
稀咲家のお墓の前に腰を下ろし、缶ビールを供えて自らは煙草を吸う。

半間は約束通り、なぜ稀咲と行動を共にしていたのかについて語りにきたのです。
「道化(ピエロ)と死神について」語りに始めるところで話は終わっている。

この続きがいつ語られるのでしょうか!

それにしても、奇っ怪な行動とタトゥばかりに気を取られていましたが、よく見るとカッコイイじゃないですか。

まとめ

これだけ情報を集めても、まだまだ謎だらけの半間。
何が伏線かも分からないままです。

タイムリーパーなのか?黒幕なのか?
これらが全て明かされるまで、目が離せません!

東京リベンジャーズ 関連記事↓

【アニメ:東京リベンジャーズ感想】

  1. 東京リベンジャーズのアニメ1話は原作漫画の何巻?あらすじとネタバレ感想も!人生の全盛期へタイムリープしたのはなぜ?
  2. 東京リベンジャーズ第2話「Resist」のあらすじとネタバレ感想!原作漫画の何巻のどこ?タイムリープのトリガーは握手なの?
  3. 東京リベンジャーズ第3話「Resolve」のあらすじとネタバレ感想!原作漫画の何巻何話かも紹介!
  4. 東京リベンジャーズ第4話「Return」のあらすじとネタバレ感想!原作漫画の何巻何話かも紹介!
  5. 東京リベンジャーズのアニメ第5話「Releap」のあらすじとネタバレ感想!原作漫画の何巻何話かも紹介!
  6. 東京リベンジャーズのアニメ12話は漫画の何巻?ネタバレ!原作との違いも
  7. 東京リベンジャーズのアニメ13話は漫画の何巻?ネタバレ!原作との違いも!まだヒナを救えてなかった
  8. 東京リベンジャーズのアニメ14話は漫画の何巻?原作ネタバレ!血のハロウィン編始動!稀咲がなぜ!?
  9. 東京リベンジャーズのアニメ15話は漫画の何巻?原作ネタバレ!タケミチは場地を連れ戻せるのか?!バルハラアジトで
  10. 東京リベンジャーズのアニメ16話は漫画の何巻?原作ネタバレ!なぜ一虎は敵対したのか?原因は・・
  11. 東京リベンジャーズのアニメ17話は漫画の何巻?原作ネタバレ!千冬登場!!タケミチとコンビ結成!
  12. 東京リベンジャーズのアニメ18話は漫画の何巻?原作ネタバレ!千冬の想いと抗争当日!
  13. 東京リベンジャーズのアニメ19話は漫画の何巻?原作ネタバレ!タケミチ決意で活躍!

【関連記事】

【漫画:東京リベンジャーズ感想】

  1. 東京卍リベンジャーズ1巻のあらすじとネタバレ感想!かつての恋人を救い出せ!過去を変えるために時を越えるリベンジが幕を開ける!!
  2. 東京リベンジャーズ210話ネタバレ感想!寺野南でかっ!!
  3. 東京リベンジャーズ211話ネタバレ感想!明司武臣登場で謎判明?マイキーとの繋がりは?
  4. 東京リベンジャーズ212話ネタバレ感想!瓦城千咒はマイキーの血縁?
  5. 東京リベンジャーズ213話ネタバレ感想!梵大幹部登場!ベンケイとワカはどれほど強い?ドラケン再燃!
  6. 東京リベンジャーズ214話ネタバレ感想!ドラケンの所属からの考察とタケミチの決意は?
  7. 東京リベンジャーズ215話ネタバレ感想と考察!千咒は女?タケミチ梵加入か!?
  8. 東京リベンジャーズ216話ネタバレ感想と考察!明司謎の3兄弟!?
  9. 東京リベンジャーズ217話ネタバレ感想と考察!タケミチの新しい能力は?ドラケンはマイキーを切ってなかった!
スポンサーリンク
目次
閉じる